Go to Contents Go to Navigation

韓国・ウクライナ外相が電話会談 復興協力など協議

記事一覧 2022.07.29 21:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官が29日午後、ウクライナのクレバ外相と就任後初の電話会談を行い、ウクライナ復興での協力などについて意見交換した。外交部が同日伝えた。

クレバ外相と電話協議を行う朴振外交部長官(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

クレバ外相と電話協議を行う朴振外交部長官(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朴氏はロシアのウクライナ侵攻が5カ月以上続き、多数の犠牲者が出ていることに遺憾の意を表明したほか、韓国政府が開戦以降ウクライナに行った計1億ドル(約133億円)規模の支援などについて説明した。

 また韓国が朝鮮戦争から復興した経験をもとに、ウクライナの復興・再建で寄与できることを願うなどと伝えた。

 クレバ氏は韓国政府と韓国国民に感謝の意を伝えたうえで、ウクライナ再建に韓国が加わる具体的な協力策について協議することを望んだという。

 韓国はウクライナに人道支援、軍需品支援、欧州復興開発銀行(EBRD)などを通じた資金供与などを行っている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。