Go to Contents Go to Navigation

韓国の電気自動車普及台数30万台 全体の1%超える

記事一覧 2022.07.31 13:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の国土交通部の統計によると、6月末時点の国内の電気自動車(EV)の普及台数は累計29万8633台だった。1年前の17万3147台から12万5000台以上増加した。毎月1万台以上増えた計算になる。

起亜「EV6」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 自動車業界関係者の説明によると、現時点では累計30万台を超えているという。業界関係者は「政府の補助金政策などが維持されれば、EVの成長は続くだろう」との見通しを示した。

 韓国のEV市場は最近、爆発的に成長している。2012年に860台だった普及台数は18年に累計5万台を、20年に累計10万台を突破した。昨年末に23万1443台と累計20万台を超えてから6カ月余りで30万台を上回った。

 今年上半期(1~6月)のEVの販売台数は6万8528台で前年同期比73.5%増加した。

 販売台数をメーカー別にみると、現代自動車が3万1672台で101.9%増加した。現代の子会社、起亜は161.7%増の2万3192台。両社の販売台数が大幅に増加したのは、現代が「アイオニック5」「GV60」、起亜が「EV6」とそれぞれEV専用モデルを発売した効果とみられる。

 輸入EVの販売台数は1万2959台で13%増加した。

 EVの販売台数が大きく増加したことで、国内の自動車登録台数に占める割合は初めて1%を超えた。6月末時点の自動車登録台数に占めるEVの割合は1.2%で、1年前(0.7%)に比べ0.5ポイント上昇した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。