Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTSのJ-HOPE 米フェスでソロステージ披露

記事一覧 2022.08.01 15:38

【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループ、BTS(防弾少年団)のJ-HOPE(ジェイホープ)が、米シカゴで開催された大型音楽フェスティバル「ロラパルーザ」に出演し、イベントを盛り上げた。

BTS(防弾少年団)のJ-HOPE(ジェイホープ)が31日、米シカゴで開催された大型音楽フェスティバル「ロラパルーザ」の最終日の公演に出演した=31日、シカゴ(聯合ニュース)

 J-HOPEは7月28~31日(現地時間)に開催された同フェスの31日の公演でヘッドライナー(主役)を務め、20曲余りを披露した。BTSがグループとしての活動を一時休止すると発表してから、メンバーによるソロ活動のステージが披露されたのは今回が初めて。

 J-HOPEは先月15日にリリースしたファーストソロアルバム「Jack In The Box」の2曲あるタイトル曲の一つ、「MORE」を熱唱した後、自己紹介した。

 J-HOPEが数曲を続けて披露すると、観客らは「J-HOPE」と連呼し、携帯電話のライトをつけて客席を照らした。

 J-HOPEが「Chichken Noodle Soup」を歌っていると、米歌手のベッキー・Gがサプライズゲストとして登場し、コラボレーションステージを披露した。

 J-HOPEは公演の終盤で、韓国のファンに向けて韓国語で感謝の言葉を伝えた。

 また、「(ソロ活動の)多くのスケジュールが不安の連続だった」と述べ、ソロ活動の先陣を切ったことへのプレッシャーを正直に伝えた。

 そのうえで、「それでも、とても意味深い瞬間」とし、「この瞬間を勝ち抜いた自分自身に、誇らしいと言ってやりたい」と述べた。 

 J-HOPEは「Future」を披露し、シカゴ、ロラパルーザ、BTSファンに向けて感謝を伝えた公演を終えた。

 会場を訪れたBTSメンバーのJIMIN(ジミン)が曲に合わせて体を動かす姿も目撃され、一部のファンがSNS(交流サイト)にその映像を公開した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。