Go to Contents Go to Navigation

7月の輸入車販売12.2%減 半導体不足継続で=韓国

記事一覧 2022.08.03 11:14

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会は3日、7月の輸入乗用車の新規登録台数は2万1423台で前年同月比12.2%減少したと発表した。前月比でも5.6%減った。車載半導体の不足による生産停滞が続いたことが影響した。

7月の輸入乗用車の新規登録台数は前年同月比12.2%減少した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 7月の輸入車登録をブランド別にみると、BMWが5490台でトップとなり、次いでメルセデス・ベンツが5456台、アウディが1865台、フォルクスワーゲン(VW)が1041台、ボルボが1018台、シボレーが1004台など。BMWは前年同月比8.8%減少したものの、競合のベンツが半導体不足のあおりで23.0%急減し、6月に続き販売1位となった。

 ベストセラーモデルはベンツの「Eクラス」で1674台。

 燃料別では、ガソリン車が1万481台で最も多く、ハイブリッド車(HV)が5569台、ディーゼル車が2720台と続いた。電気自動車(EV)は前年同月比254.5%大幅増の1751台を記録した。

 1~7月累計の輸入乗用車の新規登録台数は15万2432台で、前年同期比11.5%減少した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。