Go to Contents Go to Navigation

フォーミュラE最終戦のソウルE-Prix 13~14日に初開催

記事一覧 2022.08.03 13:45

【ソウル聯合ニュース】電気自動車(EV)のレースシリーズ「ABB FIAフォーミュラE世界選手権」今シーズンの第15戦、第16戦となる「ソウルE-Prix」が、13、14両日に韓国・ソウルの蚕室総合運動場のオリンピック主競技場で開催される。

「ソウルE-Prix」が13、14両日に開催される(フォーミュラEコリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国際自動車連盟(FIA)が主催するフォーミュラE選手権は2014年に初開催され、韓国での開催は初。ソウルE-Prixは今シーズンの最終戦で、王者がソウルで決定する。

 ソウル中心部で開かれる初の自動車レースとあり、コースレイアウトにも関心が集まっている。オリンピック主競技場の敷地内を周回する特設コースは全長2.6キロで22カ所のコーナーがあり、ドーナツ型のコースを含むのが最大の特徴だ。

 主催側の関係者は、開幕まで10日となった3日の時点でコースの設置は9割以上完了しているとし、「韓国で初開催されるEVレースとなるだけに、成功裏の開催を目指して万全の準備を整える」と伝えた。

「ソウルE-Prix」のコースレイアウト(フォーミュラEコリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。