Go to Contents Go to Navigation

[韓流]映画「非常宣言」 公開初日に「閑山」抜き興行1位に

芸能・スポーツ 2022.08.04 10:11

【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会の集計によると、韓国映画「非常宣言」(原題)が3日の公開初日に約33万6000人を動員し、「閑山:龍の出現」(原題、約23万5000人)を抜いて同日の興行1位となった。

映画「非常宣言」のワンシーン(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 先月20日に公開されたチェ・ドンフン監督の「宇宙+人(原題)」(英題:Alienoid)は約1万人を動員し、6位にとどまった。

 公開初日の観客数を比較すると、この夏の韓国映画界を盛り上げると期待される大作4本のうち3番目に封切られた「非常宣言」は、「閑山」(約38万6000人)を下回ったものの「宇宙+人」(約15万8000人)よりは好成績を記録した。

 4日午前8時現在の前売り率は「非常宣言」が33.7%(約18万2000枚)で「閑山」(32.5%)を僅差でリードしている。「宇宙+人」は1.7%(約9000枚)で8位となっている。

 「非常宣言」はハワイに向かう旅客機で生物・化学テロが発生するストーリーで、ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、イム・シワンなど豪華キャストが出演した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。