Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン副反応 接種件数全体の0.4%=韓国

社会・文化 2022.08.04 15:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は4日、ワクチンの接種が始まった2021年2月26日から先月30日までに報告された副反応の疑い例を分析した結果、1~4回目のワクチン接種件数は計1億2672万5952件で、このうち接種後に副反応が報告されたのは47万3755件(0.4%)だった。 

新型コロナウイルスワクチン接種後、副反応とみられる症状が出る場合がある(イラスト)=(聯合ニュース)

 副反応のうち、痛みや発熱、筋肉痛などの一般副反応が96.0%(45万4896件)だった。

 永久的な障害や重症、重いアレルギー反応のアナフィラキシーなどの主要副反応は3.6%(1万7097件)、死亡は0.4%(1762件)だった。

 ワクチン接種1000件当たりの報告率は一般副反応が3.59件、主要副反応が0.13件、死亡は0.01件だった。性別では女性が4.73件、男性が2.73件で、女性が約1.7倍多かった。

 年齢別では30代が4.91件で最も多く、80歳以上が1.99件で最も少なかった。

 ワクチン別では米ヤンセンファーマが5.87件、英アストラゼネカが5.41件、米モデルナが4.52件、米ファイザーが3.05件、米ノババックスが1.42件の順だった。

 回数別では1回目が5.36件、2回目が4.08件、3回目が1.65件、4回目が0.61件と集計された。 

 小児・青少年(5~18歳)では計2万1131件(0.3%)の副反応の事例が報告され、このうち一般副反応が2万507件(97.0%)だった。重大な副反応が起こったケースは624件(3.0%)だった。

 妊婦では計50件の副反応が報告され、このうちファイザー製ワクチンの1回目を接種した妊婦1人が死亡したことが分かった。

 死亡例と推定される副反応のうち、死因は急性心臓死(309件)が最も多く、虚血性心疾患(274件)、脳卒中(208件)、肺炎(111件)、敗血症(88件)の順だった。

 一方、人口全体に対する新型コロナワクチンの4回目接種率は11.5%と集計された。

 先月18日から始まった50歳以上を対象とする4回目接種では、6.3%が接種を終えた。接種率は80歳以上が51.5%、70代が49.2%、60代が28.3%だった。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。