Go to Contents Go to Navigation

尹大統領の支持率24%に下落 就任後最低を更新

記事一覧 2022.08.05 11:54

【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが5日発表した調査結果によると、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率は24%だった。前週に28%と5月10日の就任後で初めて30%を下回ったが、今週はさらに4ポイント下げ就任以来最低を更新した。支持率は6月第2週の53%から下落が続いている。

尹大統領(大統領室通信写真記者団)=(聯合ニュース)

 不支持率は前週より4ポイント上がり66%となった。6月第2週には30%台前半だったが、上昇が続いている。

 保守系与党「国民の力」の支持層では、支持率が52%で不支持率(39%)を上回った。保守層と70代以上では支持と不支持が拮抗(きっこう)し、そのほかの回答者属性の多くで不支持率が支持率を上回った。

 不支持の理由は「人事」(23%)が最も多く、「経験と資質の不足・無能」(10%)、「独断的・一方的」(8%)、「意思疎通が不十分」(7%)などが挙がった。

 支持の理由は「一生懸命やっている・最善を尽くしている」(6%)、「前政権の克服」「経済・国民生活」「主観・所信」(いずれも5%)などだった。

 韓国ギャラップは不支持の理由に関し、尹大統領が夏休みに入る直前の先月29日に政府が打ち出した小学校入学年齢の引き下げなど、さまざまなイシューがあったと指摘した。就学年齢の引き下げを巡っては、保護者や教職員らの間で反発の声が広がっている。

 同社によると、朴槿恵(パク・クネ)元大統領が今の尹大統領と同じくらいの支持率となった時期は就任から約3年8カ月後の2016年10月(支持率25%、不支持率64%)で、友人による国政介入疑惑が高まったころだった。

 文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は就任から約4年後の21年4月に支持率が最低(29%)を記録した。

 調査は2~4日、全国の18歳以上の1001人を対象に実施された。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。