Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTSと米ミュージシャンのコラボ曲 スポティファイ7位

記事一覧 2022.08.07 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国人気グループのBTS(防弾少年団)メンバー4人と米ミュージシャンとのコラボレーション曲「Bad Decisions」が、世界最大の音楽配信サービス・スポティファイの「グローバルトップ50」で7位にランクインした。BTS所属事務所のビッグヒットミュージックが7日伝えた。

BTSのメンバーとベニー・ブランコ、スヌープ・ドッグとのコラボ曲がスポティファイのランキングで7位に入った(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同曲はBTSのJIN(ジン)、JIMIN(ジミン)、V(ブイ)、JUNG KOOK(ジョングク)が米国のプロデューサー兼シンガーソングライターのベニー・ブランコ、ラッパーのスヌープ・ドッグとコラボした曲。5日の公開初日にスポティファイでストリーミング再生回数415万7585回を記録した。グローバルトップ50は1日のストリーミング再生数を基に順位を算出する。

 同曲は74カ国・地域のiTunes(アイチューンズ、米アップルのコンテンツ配信サービス)のトップソングチャートでも1位を獲得している。

 「Bad Decisions」はベニー・ブランコのニューアルバムの先行公開曲。愛する人への率直な思いをつづった楽しいダンスナンバーで、BTSでボーカルを担当する4人の美しい歌声とスヌープ・ドッグのリズミカルなラップの絶妙な組み合わせが好評を博している。

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。