Go to Contents Go to Navigation

[韓流]映画「閑山」 累計動員数5百万人に迫る=2週連続興行トップ

記事一覧 2022.08.08 10:02

【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会の集計によると、パク・ヘイル、ピョン・ヨハン主演の時代劇アクション映画「閑山:龍の出現」(原題)が5~7日に約115万6000人を動員し、韓国映画「非常宣言」(同、約81万7000人)を上回り2週連続興行1位となった。

映画「閑山:龍の出現」(原題)のワンシーン(ロッテエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 先月27日に公開された「閑山」は、これにより累計観客動員数459万8000人となった。

 航空パニック映画の「非常宣言」は公開当日の3日から2日連続で興行1位を記録したが、週末には「閑山」に首位の座を譲った。土曜日の6日の観客動員数は約32万4000人で、公開日の約33万6000人を下回った。

 3位はロングランを続けるトム・クルーズ主演のハリウッド映画「トップガン マーヴェリック」で、累計観客動員数約744万8000人と新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)以降の最多記録更新を目前に控えている。

 夏休みシーズンを迎え、アニメーション映画も人気だ。

 「ミニオンズ フィーバー」(4位)をはじめ「ポロロ劇場版 ドラゴンキャッスル大冒険」(原題、5位)、「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021」(8位)、「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」(9位)と、10位以内に4作がランクインした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。