Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(8月9日)

◇首都圏に大雨 尹大統領が迅速な復旧と徹底対応指示

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は9日、ソウルなど首都圏での大雨を受け、関係機関による緊急点検会議を開いた。尹大統領はソウルを含む中部地方にさらに大雨が降る恐れがあるとして、都心の河川の氾濫に警戒し、道路の冠水などの被害が発生した地域では復旧作業を急ぐよう指示。「国民の生命と安全を守ることが国の最も基本的な責務で義務」と述べ、最後まで緊張を緩めず、総力を挙げて対応するよう指示した。

政府ソウル庁舎の中央災難安全状況室で開かれた緊急点検会議で発言する尹大統領=9日、ソウル(聯合ニュース)

◇道路や建物で浸水 ソウル都心がまひ

 記録的な大雨が降る中、ソウルの各所で冠水や浸水が発生し、交通網がまひするなど被害が続出した。市内を流れる漢江の南側地域の低地を中心に住宅などの浸水が相次ぎ、死者も出た。ソウル市によると、住宅の浸水被害の届け出はこれまでに約650件あった。主に地下や半地下の住宅が被害を受けた。同市冠岳区では8日午後、流れ込んだ水で半地下の住宅に3人が閉じ込められ、死亡した。また、銅雀区では雨で倒れた街路樹を片付けていた区庁の職員1人が死亡した。感電によるものとみられている。銅雀区で住宅浸水により1人の死者も出た。

◇首都圏あさってまで100~300ミリの大雨 雨雲は12日に南部へ

 気象庁は、8日に中部地方に大雨を降らせた停滞前線による雨が12日まで降り続くとの見通しを示した。地域を問わず雨雲が発達すれば1時間に50~100ミリの雨が降る可能性があるという。9~11日には中部地方で、12日には南部地方で雨が降る見通しだ。首都圏、江原道中部の内陸、江原道南部の内陸、江原道の山間部、忠清道、慶尚北道北西部の内陸、全羅北道北部では9~11日に100~300ミリの雨が降ると予想される。

◇政府 就学年齢引き下げ案を事実上撤回

 教育部の張商允(チャン・サンユン)次官は国会への業務報告で、小学校の入学年齢を現行の満6歳から満5歳に引き下げる案を巡り「現実的に推進が難しくなったと判断している」と述べ、同案を事実上撤回する姿勢を示した。教育部が先月末に尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に報告した就学年齢の引き下げ案は保護者や教職員らの反発を呼び、社会副首相兼教育部長官だった朴順愛(パク・スネ)氏は混乱を招いたことを理由に今月8日に辞任を表明した。

◇新型コロナ再感染増加 週間感染者数の5~6%占める

 中央防疫対策本部は、7月3~4週に新型コロナウイルスの再感染と推定される事例が急増したと発表した。7月第3週(17~23日)の再感染推定事例は2万7713人で週間感染者のうち6.6%を占め、7月第4週(24~30日)の再感染推定事例は2万8966人で週間感染者のうち5.4%を占めた。

◇短期滞在の外国人 入国当日に空港でPCR検査

 10日から9月9日まで仁川、金海、済州の3空港から韓国に入国する短期滞在の外国人は、入国当日に空港の新型コロナウイルス検査センターでPCR検査を受けなければならない。中央防疫対策本部は9日、韓国で新型コロナの感染再拡大が続き、海外でもオミクロン株派生型「BA.5」が広がっていることなどを踏まえ、海外からのウイルス流入による感染拡大をできるだけ抑えるため迅速なPCR検査を実施すると説明した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。