Go to Contents Go to Navigation

大雨で9人死亡・7人行方不明 570人が被災=韓国

記事一覧 2022.08.10 08:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央災難(災害)安全対策本部によると、首都圏(ソウル市、仁川市、京畿道)と北東部の江原道で8日から降り続いた大雨により、10日午前6時までに9人が死亡(ソウル市5人、京畿道3人、江原道1人)、7人が行方不明(ソウル市4人、京畿道3人)となり、京畿道で17人がけがをした。被災者はソウル市と京畿道を中心に398世帯の570人に上る。また724世帯の1253人が一時避難している。

京畿道広州市内の土砂崩れの現場=9日、広州(聯合ニュース)

 公共インフラをみると、ソウルの10カ所で線路が冠水し、ほかに鉄道の被害が6件(ソウル3件、京畿道3件)あった。堤防決壊が8件、斜面崩落が28件、それぞれ報告された。

 民間施設では住宅・店舗の浸水が2676棟で、このうちソウルが2419棟となっている。塀の崩壊7件、土砂の流出29件、農耕地の冠水5ヘクタール、土砂崩れ11件などの被害も出ている。

 停電は41件発生し、うち37件は復旧した。各種施設2800件は約94%が応急復旧を終えた。

 河川敷駐車場25カ所、河川沿い38カ所、八つの国立公園の226コースなどが立ち入りを禁止している。鬱陵島―独島(慶尚北道)航路の旅客船も運休中だ。

 8日から10日午前5時までの降水量は京畿道・楊平で526.2ミリ、京畿道・広州で524.5ミリ、ソウルが525.0ミリなどを記録した。

 停滞前線は南下しており、ソウル市と仁川市、京畿道に出ていた大雨警報・注意報は解除された。一方、忠清道北部などは11日にかけて100~200ミリの大雨が降ると予想されている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。