Go to Contents Go to Navigation

[韓流]今夏のK―POP界 女性グループのパワー炸裂

芸能・スポーツ 2022.08.21 15:55

【ソウル聯合ニュース】今年の夏はK―POP市場で女性グループがパワーを見せつけている。

NewJeans(ADOR提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国音楽配信サイト、メロンのチャート「トップ100」では19日午後に1~10位まで女性アーティストの曲が占めた。

 今月1日にデビューミニアルバムをリリースしたばかりの女性グループ、NewJeans(ニュージーンズ)の曲「Attention」が1位、「Hype Boy」が2位を占めた。世界的人気を集めるBLACKPINK(ブラックピンク)の新曲「Pink Venom」が3位、昨年12月にデビューした新人グループのIVE(アイブ)が4月にリリースしたセカンドシングル「LOVE DIVE」が6位だった。10位には今年でデビュー15周年を迎えた少女時代の新曲「FOREVER 1」がランクインし、健在ぶりを示した。

 このほか、韓国の地上波放送局、MBCのバラエティー番組「撮るなら何する?」の企画で結成されたグループ、WSGワナビーの曲が4位と5位につけた。

 これまで韓国歌謡界では、夏は女性グループの曲がヒットするとされてきたが、今年のように音楽チャートのトップ10を占めるのは異例。

 昨年8月第3週のメロンの週間チャートは、トップ10入りした女性アーティストがaespa(エスパ)、少女時代のテヨン、Red Velvet(レッドベルベット)の3組だけだった。

 今年の女性グループの好調ぶりについて、メロンの関係者は、IVE、NewJeansのように世界で強力なファンダム(ファン集団)を持つ新人ガールズグループが登場したほか、今年も音楽グループを誕生させた「撮るなら何する?」の音源市場への波及力が続いたためとの見方を示した。

 このように今年は新人女性グループの躍進が著しい。

 NewJeansは強烈な高音やビートの曲ではなく聞き心地のいい曲、ポップアートをほうふつとさせる映像や写真などを前面に押し出し、MZ世代(1980~2000年代生まれ)のファン攻略に成功した。

 IVEは、音楽専門チャンネル、Mnetのオーディション番組「プロデュース48」で選抜された韓日混成ガールズグループ、IZ*ONE(アイズワン)出身のチャン・ウォニョンとアン・ユジンを中心に据え、中毒性のある低音が際立つレトロなメロディーの曲で音楽チャートを席巻した。

 女性グループの活躍は新人グループだけにとどまらない。TWICE(トゥワイス)のナヨンが6月に発表したソロ曲「POP!」は人気を維持しており、少女時代も新曲をトップ10入りさせ存在感を示すなど先輩グループも負けず劣らず活躍している。

 女性グループがK―POP市場で勢いを見せていることについて、過去とは異なる「破壊力」に注目した分析も出ている。

 以前は男性グループはフィジカル盤、女性グループは音源で優勢という公式が通用するほど市場が二分されていた。女性グループは音源チャートでは強みを見せるが、フィジカル盤やグッズ販売では相対的に劣勢との認識があった。

 しかし、新型コロナウイルス禍でK―POP市場が急成長し、グローバルなファンダムが構築され、女性グループのフィジカル盤の売り上げが男性グループに比べ低いというのは過去の話となった。

 BLACKPINKは2020年にファーストフルアルバム「THE ALBUM」でK―POP女性グループ初のミリオンセラーを達成。来月リリースするセカンドフルアルバム「BORN PINK」も予約枚数だけですでに150万枚を突破し、2作連続ミリオンセラー達成への期待が高まっている。

 aespaが先月リリースしたセカンドミニアルバム「Girls」の売上枚数も100万枚を超えた。

 ある音楽プロダクションの関係者は「ガールズグループの曲は歌詞とメロディーが簡単で歌いやすい。最近のバイラルマーケティングで最も重要なTikTok(ティックトック)チャレンジで有利だ。男性グループの曲は相対的に難しい場合が多く、チャレンジが難しい」との見方を示した。そのうえで、IVEの「LOVE DIVE」やナヨンの「POP!」など、女性アーティストのヒット曲はTikTokでも流行したという共通点があると説明した。

BLACKPINK(YGエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
IVE=(聯合ニュース)
少女時代=(聯合ニュース)
aespa(SMエンタテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。