Go to Contents Go to Navigation

スマホでの放送番組視聴時間が急減 野外活動増加が影響か=韓国

記事一覧 2022.08.21 17:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の放送通信委員会が21日までに公表したスマートフォン(スマホ)とパソコンの利用形態に関する報告書によると、韓国人が6月にスマホで28のチャンネルの放送番組を視聴した時間は月平均49.28分で前年同月(150.28分)の3分の1にも満たなかった。

スマホでの放送番組視聴時間が急減した=(聯合ニュースTV)

 視聴時間は1月と2月はそれぞれ109分台だったが、3月は85.2分、4月は61.8分、5月は56.13分と減少が続いた。

 スマホで月1回以上、放送番組を視聴した純利用者(重複除く)の割合は1月の70.85%から2月は71.34%に上昇したが、3月は64.21%と下落に転じ、6月は36.57%まで落ち込んだ。

 今年に入り、新型コロナウイルス禍からの段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)の雰囲気が広まったことで野外活動が増え、スマホで番組を視聴する時間が減ったためとみられる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。