Go to Contents Go to Navigation

豪雨被害のソウル・京畿道など10地域 特別災害地域に指定=韓国

記事一覧 2022.08.22 15:09

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は22日、首都圏を中心に8日から17日までに発生した集中豪雨の被災地10地域を特別災難(災害)地域に指定すると発表した。対象はソウルの3地域(永登浦区、冠岳区、江南区開浦1洞)と京畿道の4地域(城南市、広州市、楊平郡、驪州市金沙面・山北面)、江原道の1地域(横城郡)、忠清南道の2地域(扶余郡、青陽郡)。

豪雨に見舞われた忠清南道扶余郡で復旧支援活動に当たる消防庁の職員(同庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

豪雨に見舞われた忠清南道扶余郡で復旧支援活動に当たる消防庁の職員(同庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 中央災難安全対策本部によると、政府は被災地の復旧が早急に進むよう、中央合同調査を待たず事前調査で基準を満たした10地域について、大統領の承認を経て特別災難地域に指定した。

 政府はこれ以外の被災地に対しても月内に合同調査を実施し、条件を満たせば特別災難地域に追加指定する方針だ。

 特別災難地域に指定されると、被害を受けた民間と公共施設の復旧費の50~80%が国費で賄われ、自治体の財政負担が軽減される。被災者には災難支援金が支給されるほか、国税納付対象からの除外や地方税の減免、公共料金の減免などの特例措置が取られる。

 中央災難安全対策本部の李祥敏(イ・サンミン)本部長(行政安全部長官)は「早めの特別災難地域指定が、秋夕(中秋節、今年は9月10日)前の迅速な被害復旧と被災者の日常回復、仕事の復帰に多少なりとも役立つと期待する」と述べた。豪雨被害の原因を分析し、同様の被害が再発しないように復旧計画を立てると説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。