Go to Contents Go to Navigation

韓国ウォン 対ドルで13年4カ月ぶり安値=一時1340ウォン台に

記事一覧 2022.08.22 16:53

【ソウル聯合ニュース】22日のソウル外国為替市場で、韓国通貨ウォンは前営業日比13.9ウォン安の1ドル=1339.8ウォンで取引を終えた。ウォンは前営業日比9.6ウォン安の1ドル=1335.5ウォンで寄り付いた後下げ幅を広げ、午後1時51分ごろには1340ウォン台に下落した。ウォンが対ドルで1340ウォン台に下落したのはリーマン・ショック後の2009年4月29日以来、約13年4カ月ぶり。

ハナ銀行本店の電光掲示板に表示された取引時間中の為替レート=22日、ソウル(聯合ニュース)

 NH先物のアナリストは、「一種の心理的抵抗線だった1340ウォン台を突破したが、それ以降は外国為替市場への当局の介入に対する警戒心が高まり、それ以上ウォン安が進まなかった」と分析した。

 この日は韓国株式市場も弱含みで推移し、総合株価指数(KOSPI)の終値は前営業日比30.19ポイント(1.21%)安の2462.50となった。

 米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めによりドル高が進行し、ウォンは6月23日におよそ13年ぶりに1ドル=1300ウォン台に下落。7月6日に同1310ウォン台、同15日に1320ウォン台に下がった。

 ウォンは対円でも午後3時半時点で100円=977.49ウォンと、前営業日の同時刻に比べ4.82ウォンのウォン安・円高となった。

ハナ銀行本店のディーリングルームに為替レートが表示されている=22日、ソウル(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。