Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮メディア「核保有国に対抗する醜態」 韓米合同演習を非難 

記事一覧 2022.08.22 21:18

【ソウル聯合ニュース】韓米両軍の合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」が始まった22日、北朝鮮が同演習について、核保有国に対抗する無知であわれな醜態などと非難した。北朝鮮の対外宣伝メディア「黎明」に掲載した個人名の論評で主張した。

韓米が合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」を開始した。ソウル南方の京畿道・平沢にある米軍基地から飛び立つヘリコプター=22日、平沢(聯合ニュース)

 論評で北朝鮮は、国内外に大きな懸念があるにもかかわらず、韓国が米国とともに北朝鮮に侵略するための演習を強行したなどと指摘した。

 また、同演習はただでさえ不安定な朝鮮半島情勢を一触即発の状態に追い込むものであり、侵略戦争の導火線に火をつけるための危険な軍事的挑発行為と主張した。

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領については、対決を求める狂信者で、緊張を高める主犯などと指摘し、「全てを犠牲にしてでも同族を軍事的に圧殺しようとする売国奴」などとののしった。

 また、堂々とした核保有国としての威厳を持つ北朝鮮と争うのは、無知であわれな醜態とし、自国の核能力を強調した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。