Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 2日連続で韓米演習非難=「平和保障は詭弁」

記事一覧 2022.08.23 09:47

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」は23日、韓米両軍が実施中の合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」について、「われわれに対する軍事的な侵攻を前提にした冒険的な北侵実戦演習」と批判する論評を掲載した。

22日、京畿道坡州市の陸軍訓練場を移動するK1A2戦車=(聯合ニュース)

22日、京畿道坡州市の陸軍訓練場を移動するK1A2戦車=(聯合ニュース)

 論評は「合同軍事演習が平和と安全を保障するということは放火犯が火を消すというような荒唐無稽な詭弁(きべん)」として、「双方が激しく激突する状況では偶発的な衝突も手の施しようがない災いに発展し、全面的な戦争につながりかねないというのは周知の事実」と警告した。

 対外宣伝メディア「メアリ」も「血税を先端武器の購買や北侵戦争演習につぎ込み、ただでさえ厳しい経済をさらに厳しい状況に追い込んでいる」と非難した。

 北朝鮮は同演習が始まった22日にも宣伝メディアを通じ、演習の実施を非難した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。