Go to Contents Go to Navigation

韓米演習 北朝鮮反発に「防衛体制維持は政府の責務」=韓国外交部

記事一覧 2022.08.23 15:50

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は23日の定例会見で、韓米両軍が実施中の合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」に北朝鮮が反発していることについて、「韓米の合同演習を通じ、強固な防衛体制を維持することは国民の安全を守るための政府の当然の責務」と強調した。

UFS2日目の23日、京畿道坡州市の南北軍事境界線付近を移動するけん引砲=(聯合ニュース)

 また、「韓米の連合防衛体制の観点から定例的に実施してきた防衛的な演習ということも改めて強調したい」と述べた。

 北朝鮮の宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」は同日、演習について、「われわれに対する軍事的な侵攻を前提にした冒険的な北侵実戦演習」と非難するなど反発している。

 一方、韓国外交部は北朝鮮が核実験を強行する場合、国連安全保障理事会の制裁とは別に独自制裁を行う方針を改めて確認した。崔氏は独自制裁に暗号資産(仮想通貨)も含まれるかどうかに関し、「仮想通貨を含め、さまざまな措置を実施する方針」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。