Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BLACKPINK新曲 米国での再生が最多

芸能・スポーツ 2022.08.24 10:19

【ソウル聯合ニュース】世界最大の音楽配信サービス、スポティファイで韓国人気ガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)の新曲「Pink Venom」の再生回数が最も多かった国は米国で、発売日の19日から21日までの間に318万4510回の再生を記録した。所属事務所が24日、スポティファイのリスナーを分析した結果を伝えた。

BLACKPINK(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 この3日間のスポティファイでの同曲の再生回数は2043万4240回だった。

 集計期間を先月25日から今月21日までの約1カ月間に広げても、BLACKPINKの楽曲を聴いたスポティファイのリスナー1682万1936人のうち米国のリスナーが266万830人で15.8%を占めた。

 所属事務所は、この結果から「BLACKPINKの主流ポップミュージック市場での重みが分かる」としている。

 BLACKPINKは、スポティファイが毎日更新するトップソンググローバルチャートで23日(現地時間)に再生571万687回で2位となった。前日まで3日連続で1位を記録していた。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。