Go to Contents Go to Navigation

韓国政府と米ファンド・ローンスターの訴訟 31日に判決

記事一覧 2022.08.24 16:46

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部は24日、米投資ファンドのローンスターが2012年に韓国政府を相手取り起こした投資家対国家の紛争解決(ISDS)条項に基づく訴訟の判決が31日に言い渡される予定だと明らかにした。

韓国政府とローンスター間の訴訟の判決が31日に言い渡される(資料写真)=(聯合ニュース)

 ISDSは、海外の投資家が投資先の国の法令や政策によって被害を受けた場合に国際仲裁を通じて損害賠償を受けられるようにするもの。

 ローンスターは韓国外換銀行の売却を巡り韓国金融委員会が正当な理由なく売却承認を遅らせ、国税庁が恣意的で矛盾する課税を行ったと主張し、12年11月に韓国政府を相手取り46億7950万ドル(現在のレートで約6400億円)の損害賠償を請求する訴訟を世界銀行傘下の投資紛争解決国際センター(ICSID)に起こした。

 ICSIDは13年5月にこの件を審理する仲裁判定部の構成を終え、同10月から書面審理の手続きに入った。弁論は16年6月に終了したが、議長仲裁人の辞任などで判決は先送りが繰り返された。ICSIDはその後に審理を重ね、提訴からおよそ10年後となる今年6月、手続き終了を宣言した。

 韓国政府が敗訴すれば巨額の賠償金を税金で支払うことになる可能性があり、財政への悪影響は避けられない見通しだ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。