Go to Contents Go to Navigation

与党非常対策委トップ「納得できない」 地裁の判断に=韓国

記事一覧 2022.08.26 15:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系与党「国民の力」の朱豪英(チュ・ホヨン)非常対策委員長は26日、ソウル南部地裁が同氏をトップとする非常対策委員会体制を認めない判断を示したことに対し、「党が非常状況ではないとする決定は納得できない」との立場を文書で表明した。

朱豪英氏(資料写真)=(聯合ニュース)

朱豪英氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 朱氏は「政党内部での決定を司法が否定し、規定することは政党自治という憲法の精神を損なうものだ」と批判。党が非常状況にあるかどうかは党が独自に判断すべきものだと強調した。今後、党内の意見を取りまとめて対応策を講じるとしている。

 国民の力の李俊錫(イ・ジュンソク)前代表が同党の非常対策委員会体制への転換の効力停止を求める仮処分を申し立てていた問題で、同地裁はこの日、李氏の申し立てを一部認め、朱氏の非常対策委員長としての職務執行を本案判決の確定時まで停止すべきとの判断を示した。

 国民の力は今月9日、全国の党幹部らによる会議などを経て、朱氏を非常対策委員長とする体制に移行し、李氏は代表を解任された。李氏は7月、性接待を受けた証拠の隠滅を教唆した疑惑で党員資格停止6カ月の懲戒処分を受けている。

 同地裁は、朱氏が党大会を開いて新たな党代表を選出すれば、党員資格停止期間が過ぎても李氏が党代表に復帰することができなくなり「回復不可能な損害が生じる恐れがある」としたほか、同党に非常対策委員会を置くほどの非常状況は発生していないと指摘した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。