Go to Contents Go to Navigation

30年釜山万博 来月7日に誘致計画書提出へ

記事一覧 2022.08.26 19:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の国務総理室は26日、2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致を目指す誘致委員会が同日、ソウル市内のホテルで2回目の会議を開催したと発表した。

会議で発言する韓悳洙(ハン・ドクス)首相=26日、ソウル(聯合ニュース)

会議で発言する韓悳洙(ハン・ドクス)首相=26日、ソウル(聯合ニュース)

 会議は韓悳洙(ハン・ドクス)首相と大韓商工会議所の崔泰源(チェ・テウォン)会頭(SKグループ会長)が共同主宰し、博覧会の誘致計画書を審議、決定した。

 韓国政府代表団は来月7日、博覧会国際事務局(BIE)に誘致計画書を提出する予定だ。

 韓氏は誘致計画書について、国内外の専門家が参加し、2年にわたり100回以上の協議と諮問を経て作成したと説明。加盟国の約65%がまだ支持国を決めていないため、今後の戦略的対応がより重要だと強調した。

 誘致計画書の主な内容を説明した産業通商資源部は、博覧会場の造成、交通・宿泊施設、財源の調達など基本計画とともにメタバース(ネット上の仮想空間)や環境に優しい技術、先端技術を組み合わせた差別化策を盛り込んだと明らかにした。

 また、委員会は誘致交渉活動を総括する非常任特別顧問職を新設し、崔京林(チェ・ギョンリム)前主要20カ国・地域(G20)国際協力大使に初代特別顧問を委嘱することを決めた。

 万博の立候補国は11月に3回目のプレゼンテーションを行い、来年3月(暫定)の現地調査、6月の4回目プレゼンテーションを経て、来年11月の5回目のプレゼンテーションを最後に開催地が最終決定される。

会議を主宰する韓氏(左)と崔氏=26日、ソウル(聯合ニュース)

会議を主宰する韓氏(左)と崔氏=26日、ソウル(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。