Go to Contents Go to Navigation

韓米合同軍事演習 29日から第2部開始=反撃作戦熟達へ

記事一覧 2022.08.28 16:25

【ソウル聯合ニュース】韓米軍当局は29日から合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」の第2部を開始する。来月1日まで。UFSは今年下半期の韓米合同軍事演習。第1部(22~26日)で北朝鮮の攻撃撃退、首都圏防衛などを演習したのに続き、2部では首都圏の安全確保のための反撃作戦の熟達を図る。

UFSで訓練中の韓米兵士=(聯合ニュース)

 韓米はこれまでの合同演習で反撃作戦の目標地点を別々に設定して訓練を実施してきた。今年も北朝鮮のどこを目標にしているか明らかにしていない。

 今年の合同演習はコンピューターシミュレーション方式の指揮所訓練のほか、部隊別・機能別の戦術的レベルの野外機動訓練を実施している。

 韓国軍関係者は、UFSは防衛的性格の訓練と前置きしながら「第2部演習のカウンター攻撃と反撃作戦は敵の攻撃に対応して安全を確保する訓練」と強調した。

 米軍の無人偵察機「グローバルホーク」はこの日、対北朝鮮監視のため在日米軍基地を飛び立ち朝鮮半島東の東海を横切った後、首都圏を含む韓国上空を飛行した航跡が捉えられた。

 一方、北朝鮮はUFSについて、対外宣伝メディアを使って「北侵戦争演習」と非難している。

連合訓練に参加した韓国軍と米軍の戦闘機(韓国空軍提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。