Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮核実験場に特異な動向なし ICBM発射準備は継続=韓国国防相

記事一覧 2022.08.29 10:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官は29日の国会国防委員会で、北朝鮮は核実験を実施できる状態にあるが現在、特別な動向はないと明らかにした。

3月24日に発射された新型ICBM「火星17」=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 李氏は北朝鮮の北東部・豊渓里にある核実験場の動向について、「3番坑道は核実験が可能な状態で、特異な動向は確認されていない」と報告。ミサイルについては大陸間弾道ミサイル(ICBM)や短距離弾道ミサイル(SRBM)などの発射準備を続けていると明らかにした。

 北朝鮮軍は韓米合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」に対応して警戒勤務を強化する一方、夏季訓練と新型コロナウイルス防疫、豪雨被害の復旧を行っているという。

 李氏は「北は核とミサイル能力を高度化し、7回目の核実験準備まで完了した状況で厳しい安全保障状況が続いている」として、「UFS期間に韓米の連携下で北の挑発兆候を監視している」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。