Go to Contents Go to Navigation

「朝鮮半島国際平和フォーラム」30日から 転換期の南北関係模索=韓国政府

記事一覧 2022.08.29 11:31

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は29日、「転換期時代の朝鮮半島統一ビジョンと南北関係」をテーマに、30日から来月1日まで「2022朝鮮半島国際平和フォーラム」を開催すると発表した。

今年6月に開催された「朝鮮半島平和シンポジウム」で演説する権寧世・統一部長官=(聯合ニュース)

 今年は尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の発足と南北共同声明の発表から50周年を迎え、新たな南北関係と統一ビジョン、「グローバル中枢国家」韓国の国家戦略を模索する。

 期間中は国内外の27の協力機関から約200人が参加し、▼統一ビジョン▼南北関係正常化と共同繁栄▼非核化と北朝鮮の変化の見通し▼政策連続性の確保――などをテーマに多様な観点から討論が行われる。

 初日は権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官のあいさつを皮切りに国連のグテレス事務総長の祝辞、康仁徳(カン・インドク)元統一部長官とコール元独首相の外交安保補佐官を務めたホルスト・テルチク氏の基調演説が行われる予定だ。

 2日目には未来学者のフアン・エンリケス氏の特別講演に続き、バチェレ国連人権高等弁務官が「北朝鮮の人権問題と国際人権体制」をテーマに基調演説を行う。

 最終日には北朝鮮の人権改善と北朝鮮を国際社会との交渉の場に引き出すための多様な協力をテーマに、北朝鮮の人権問題を担当する国連のサルモン特別報告者をはじめとする専門家が踏み込んだ議論を続ける。

 今年のフォーラムは新型コロナウイルスの防疫指針を順守しながら対面とオンラインで開催され、プログラム全体が動画投稿サイト「ユーチューブ」(https://www.youtube.com/c/kgfpeace)で生中継される。

 統一部は「今回のフォーラムによって朝鮮半島非核化と平和構築に向けた国際社会の持続的な関心と共同の努力を促し、新たな南北関係ビジョンの確立と韓国の統一政策に対する国内外の共感形成のために努力していく」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。