Go to Contents Go to Navigation

BTS兵役特例 国防相・兵務庁長は施行令検討に慎重姿勢

記事一覧 2022.08.29 14:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の兵役特例を可能にするための兵役法施行令の検討を巡り、李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官と李基植(イ・ギシク)兵務庁長は29日、慎重な立場を示した。

BTS(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 李長官はこの日、国会国防委員会の会議に出席し、最大野党「国民の力」の成一鍾(ソン・イルジョン)議員の質問に対し「兵役資源が急減し兵役特例の対象者を減らしている中、兵役義務の履行に対する公正性と公平性の価値がますます重要になる点を考慮せざるを得ない」と述べた。

 これに先立ち、成氏は囲碁の李昌鎬(イ・チャンホ)、サッカー韓国代表の孫興ミン(ソン・フンミン)、2002年サッカー・ワールドカップ(W杯)の代表チーム、06年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表チームに代替服務の特例が適用されたことを挙げ、BTSにも代替服務を認めるべきだと主張。BTSの経済誘発効果は56兆ウォン(約5兆7500億円)に上るとして、兵務庁が施行令で対応できるにもかかわらず国会に判断を委ねたと批判した。

 李庁長は、孫興ミンの場合は既存の法律を適用し、W杯とWBCの代表チームは法律を適用できず施行令を作ったが、その後世論を受けて施行令が削除されたと説明。BTSも現行法にないものを新たに作らなければならないため、熟慮が必要だと述べた。

 国防部長官と兵務庁長のこのような答弁は、政府の官庁レベルで決定するよりは国会で民意をまとめて明確な法律を作るのが適切だとの立場を示したものと受け止められる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。