Go to Contents Go to Navigation

韓国・モンゴル外相 供給網など巡り協力強化で一致

記事一覧 2022.08.29 14:51

【ウランバートル聯合ニュース】韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は29日、モンゴル・ウランバートルで同国のバトツェツェグ外相と会談した後、共同記者会見を開き、「世界10位圏内の資源国であるモンゴルは韓国の供給網安定に寄与できる重要なパートナー」として、モンゴルと供給網を含む経済安全保障分野などで互恵的な協力を積極的に推進する方針を明らかにした。

共同記者会見を行う韓国の朴振・外交部長官(左)とモンゴルのバトツェツェグ外相=29日、ウランバートル(聯合ニュース)

 バトツェツェグ氏は「モンゴルの資源と韓国のノウハウ、先進技術を結合させる方向で議論した」と述べた。

 両国は「希少金属(レアメタル)協力センター」の設立を早期に推進することで合意した。同センターはモンゴルが敷地を提供し、韓国が政府開発援助(ODA)資金で施設を建設する方向で推進される。中国による資源の武器化への懸念が払拭(ふっしょく)されていない中、モンゴルとの経済安保の協力強化は供給網の安定につながると期待される。

 朴氏は北朝鮮の非核化措置に合わせて経済支援などを行う韓国政府の「大胆な構想」について説明し、バトツェツェグ氏は支持と協力の意向を示したという。

 バトツェツェグ氏は「モンゴルと韓国は民主主義や人権、自由、市場経済など共通の価値を持っている」とし、「モンゴル、韓国、米国の3カ国会談開催を目指すモンゴルの構想に韓国が支持を表明した」と明らかにした。

 両国は今回の会談に合わせ、「気候変動協力基本協定」に仮署名した。両国が気候変動への対応のため、政策や研究、技術交流などで協力を強化する内容が盛り込まれ、温室効果ガス削減目標の達成や両国の大気質の改善に寄与するとみられる。

 朴氏は「戦略的パートナー関係を強化するという共通の意志を改めて確認した」として、下半期に外務次官戦略対話を新設することで合意したと明らかにした。

 また、2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致への支持を要請し、モンゴル側は前向きな方向で検討する方針を示したという。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。