Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(8月30日)

◇23年度予算案 5.2%増の65.6兆円

 政府は30日、歳出総額639兆ウォン(約65兆6000億円)の2023年度(1~12月)政府予算案を閣議決定した。22年度の本予算に比べ5.2%の増額となる。増加率は17年(3.7%)以来、6年ぶりの低さだ。22年度の補正予算も含めた歳出規模は679兆5000億ウォン。翌年度の本予算が補正予算を含む前年度の歳出を下回るのは13年ぶりとなる。複合的な経済危機の状況で財政の安全弁を確保するため、文在寅(ムン・ジェイン)前政権の拡張的財政から健全財政へ財政基調を全面的に転換する。

国会で予算案を説明する秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官=29日、ソウル(聯合ニュース)

国会で予算案を説明する秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官=29日、ソウル(聯合ニュース)

◇北朝鮮の核実験場 大雨で一部浸水被害か

 米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)が運営する北朝鮮専門サイト「ビヨンド・パラレル」は29日(現地時間)、24日に撮影された衛星写真を分析した結果、大雨が続く中で北東部・豊渓里にある核実験場の4番坑道の復旧作業が中断するなど浸水被害が捉えられたと明らかにした。報告書は「このところの大雨で復旧工事が一時的に中断されたようだ」として、「2カ月間降り続いた雨の影響で、施設に接近可能な唯一の進入路に一部浸水被害が確認された」と説明した。

◇韓国製EVの税優遇除外 米国と政府間協議へ

 趙太庸(チョ・テヨン)駐米韓国大使は29日(現地時間)、米国の「インフレ抑制法」の成立によりエコカー購入者への税優遇の対象から韓国製電気自動車(EV)が除外された問題と関連し、「両国は解決策を設けるため政府間協議を進めることで合意した」と明らかにした。趙氏は、法律が成立しており完全な解決策を準備するには大きな努力を要すとして、米議会や政府関係者との積極的な協議で被害を最小化するため努めると説明。インフレ抑制法は既に発効しているが、政府は法改正も視野に入れて米議会や政府と交渉する方針だという。

◇23年健康保険料率1.49%引き上げ 職場加入者で月平均210円上昇

 保健福祉部は、29日に健康保険政策審議委員会を開いて2023年の健康保険料率を今年より1.49%引き上げることを決定したと発表した。これにより、職場加入者の保険料率は現行の6.99%から7.09%へと0.1ポイント引き上げられる。職場加入者が負担する平均保険料は、今年7月の14万4643ウォン(約1万4900円)から14万6712ウォンへと2069ウォン(約210円)上昇し、地域加入者の世帯当たり平均保険料は現在の10万5843ウォンから10万7441ウォンへと1598ウォン上昇する。

◇全国で突風・落雷伴う雨 首都圏などで午後に大雨

 30日は全国的に突風や落雷を伴う雨が降る見通しだ。31日までの予想降水量は中部地方、全羅北道北部、慶尚北道北部、黄海5島、鬱陵島・独島で30~80ミリ。京畿道南部、江原道南部、江原道中・北部の山間部、忠清道北部、慶尚北道北東部では多いところで120ミリ以上の雨が降ると予想される。首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)と忠清南道では、午後0時から6時まで1時間に30ミリ前後の大雨が降るところがある。最高気温は20~30度の予想。

◇新規コロナ感染者 11万5638人

 中央防疫対策本部は30日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から11万5638人増えたと発表した。重症者は591人、新たな死者は71人だった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。