Go to Contents Go to Navigation

徴用問題巡る官民協議会 来月5日に4回目会合=韓国

記事一覧 2022.08.31 20:30

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が設置した日本による植民地時代の徴用被害者への賠償問題の解決策を探る官民協議会が来月5日に4回目の会合を開くことが31日、分かった。協議会の関係者が明らかにした。

8月11日に開いた記者会見で、大法院に対し三菱重工業の韓国内資産の現金化に関する判断を迅速に下すよう求めた被害者支援団体関係者=(聯合ニュース)

 8月9日の3回目の会合から約1カ月での開催となる。

 3回目の会合から出席していない被害者側は、4回目も出席しない見通しだ。

 韓国大法院(最高裁)は近く、徴用訴訟の原告が差し押さえた日本企業の韓国内資産の売却(現金化)命令を出す可能性があり、政府が解決策を用意するための時間はあまり残っていないとの見方もでている。

 ただ、韓国政府は大法院による最終決定により売却命令が確定しても、現金化のためには資産価値の評価や公売などの手続きを経る必要があるため、その間にも被害者と日本の同意を得られる解決策を探る努力を続ける方針だ。

 政府は協議会ではない別の場で被害者の意見を聞く方針を示しており、朴振(パク・ジン)外交部長官が近く被害者と面会する可能性が高いとされる。

 外交部の当局者は30日、朴氏が被害者の意見に耳を傾けるために可能な限り努力を続けるとした上で、「(被害者に)直接会って意見を傾聴し、主張が十分に受け入れられるよう努力する」と強調した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。