Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子の「ライフスタイルテレビ」 売上高・販売台数が毎年倍増

記事一覧 2022.09.04 16:38

【ベルリン聯合ニュース】型にはまった形のテレビから脱した韓国・サムスン電子の新概念のテレビ「ライフスタイルテレビ」が急成長している。

サムスン電子の「The Serif」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 サムスン電子は2日(現地時間)にドイツ・ベルリンで開催中の欧州最大のIT見本市「IFA2022」でライフスタイルテレビの成果とビジョンを紹介した。

 同社映像ディスプレー事業部のチョン・ガンイル常務は「コンテンツの消費方式と住居環境が多様化し、ライフスタイルテレビの需要が高まっている。ライフスタイルテレビの主要製品の販売台数と売上高は毎年2倍ずつ成長した」と説明した。

 ライフスタイルテレビは一般のテレビとは異なり、外観にデザイン的要素を加えたり、特定の機能を追加したりして新たな視聴環境を実現した。

 世界的なデザイナー、ロナン&エルワン・ブルレック兄弟とコラボレーションした「The Serif」、額縁のようなベゼルが特徴の「The Frame」、縦型で使用できる「The Sero」が代表的な製品だ。2017年に発売された「The Frame」は昨年、累計販売台数100万台を達成。今年も大幅な伸びを見せている。

 ライフスタイルテレビの製品群がテレビ全体の売上高に占める割合は微々たる水準だが、最近の成長ぶりを考慮すると今後、成果を上げると、同社は見込んでいる。

 同社はテレビで多様なサービスを楽しめるスマート機能の拡大にも力を入れている。

 クラウドゲーミングプラットフォームサービス「ゲーミングハブ」をはじめ、ホームトレーニングサービス「サムスンヘルス」、テレビ画面を分割し、複数のコンテンツを同時に楽しめる「マルチビュー」などが代表的だ。

 また、映像を見ながらほかの視聴者とコミュニケーションを取ることができるライブチャットサービスを11月中に開始する計画だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。