Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BLACKPINK新曲 KBSテレビが「不適格」

芸能・スポーツ 2022.09.05 13:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)の新曲「Pink Venom」がKBSテレビの審議で「不適格」と判断され、同局の看板音楽番組「ミュージックバンク」のチャートから外されたことが5日、分かった。

BLACKPINK(YGエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 業界関係者によると、「Pink Venom」は同チャートの9月第1週の資料から削除された。KBSの関係者は「審議した結果、同曲は放送不可の判定を受け、チャートに入れなくなった」と説明した。

 KBSの8月24日付の審議結果には、「特定の商品ブランドに言及するなど放送審議規定第46条違反」を理由に「不適格」と判定されたと記載されている。「Pink Venom」の歌詞にフランスの高級ブランド「セリーヌ」があることを問題視したとみられる。

 こうした場合、問題となった部分を修正して再審議を要請することが一般的だが、BLACKPINK所属事務所のYGエンターテインメントはそうしなかったようだ。

 「Pink Venom」は8月19日、セカンドフルアルバム「BORN PINK」(9月16日発売)から先行リリースされ、国内の主要音楽番組と音楽チャートで1位を総なめにした。米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」でも上位に入った。

 新曲発表後、BLACKPINKは米音楽授賞式「MTVビデオ・ミュージック・アワード(VMA)」(現地時間8月28日)でのステージやセカンドフルアルバムのミュージックビデオ撮影などの過密スケジュールをこなしており、国内音楽番組に出演して「Pink Venom」を披露したのはSBSテレビ「人気歌謡」の1回にとどまる。

 BLACKPINKが世界的な人気を集めていることから、YGエンターテインメントとしては国内での出演よりも、動画投稿サイト「ユーチューブ」や米授賞式、ビルボード、全英チャートといった海外での躍進を狙っているとの見方もある。

 BLACKPINKは9月16日にニューアルバム「BORN PINK」をリリースした後、10月のソウル公演を皮切りに、北米と欧州、アジア、オセアニアを回るワールドツアーに入る予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。