Go to Contents Go to Navigation

韓国ウォン安続く 1ドル=1370ウォン台

記事一覧 2022.09.06 17:31

【ソウル聯合ニュース】6日のソウル外国為替市場で、韓国通貨ウォンは前日比0.3ウォン安の1ドル=1371.7ウォンで取引を終えた。終値としては2009年4月1日(1379.5ウォン)以来13年5カ月ぶりの安値水準となった。

ハナ銀行本店のディーリングルームのモニターに表示された為替レート=6日、ソウル(聯合ニュース)

 ウォンは前日比2.4ウォン高の1ドル=1369.0ウォンで寄り付き、午前中は1364.4ウォンまでウォン高が進んだが、中国・上海外国為替市場の取引開始直後に人民元の対ドルレート下落に連動して安値となった。午後には一時1377.0ウォンまでウォン安が進み、5営業日連続で年初来安値を更新。取引終了直前に反発した。

 中国人民銀行(中央銀行)が同日午前に人民元の対ドル基準値を6.9元台に引き下げたことで、ウォンも安値水準となった。ウォンはこのところ人民元と連動する傾向にある。

 ウォンは対円では午後3時半時点で100円=973.33ウォンと、前日同時刻に比べ3.55ウォンのウォン高・円安となった。 

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。