Go to Contents Go to Navigation

[韓流]「イカゲーム」がエミー賞監督賞と主演男優賞 非英語圏ドラマ初

記事一覧 2022.09.13 13:27

【ロサンゼルス、ソウル聯合ニュース】米テレビ界最高峰の栄誉とされるエミー賞の授賞式が12日(日本時間13日)にロサンゼルスで開催され、米動画配信大手ネットフリックスの韓国ドラマ「イカゲーム」を手掛けたファン・ドンヒョク監督が監督賞を、同作品で主人公を演じた俳優イ・ジョンジェが主演男優賞を受賞した。非英語圏ドラマの監督賞受賞は初めて。韓国人俳優が主演男優賞に選ばれるのも初となる。

監督賞のトロフィーを手にしたファン・ドンヒョク監督=(AFP=聯合ニュース)
主演男優賞のイ・ジョンジェ(「イカゲーム」SNSより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ステージに上がったファン監督は「私一人でなく、私たちが一緒に歴史をつくった」と喜びをかみしめ、「非英語シリーズの受賞が、これが最後にならないことを願う」と述べた。

 イ・ジョンジェは「韓国で見ていらっしゃる国民の皆さんと友人、家族、大切なファンと喜びを分かち合いたい」とスピーチした。

 イ・ジョンジェはこの作品で、借金取りに追われ、456億ウォン(約47億円)の賞金獲得を狙って命がけのゲームに参加する主人公ソン・ギフンを熱演した。

 「イカゲーム」は計6部門にノミネートされていた。作品賞と脚本賞、助演男優賞(パク・ヘスとオ・ヨンス)、助演女優賞(チョン・ホヨン)は受賞を逃した。

 これに先立ち4日に一部部門の受賞作品が発表され、「イカゲーム」はゲスト賞(イ・ユミ)と視覚効果賞、スタントパフォーマンス賞、プロダクションデザイン賞を受賞した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。