Go to Contents Go to Navigation

徴用問題巡り開かれた形で意見集約へ 「適切な時期検討中」=韓国

記事一覧 2022.09.13 17:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は13日、日本による植民地時代の徴用被害者への賠償問題の解決策を模索するため、官民協議会より参加者を拡大した形で意見を聞く方針を改めて示し、「適切な(実施)時期を検討していく」と記者団に述べた。

7月4日、官民協議会の初会合に参加する前、記者団に立場を表明する徴用訴訟原告の代理人ら=(聯合ニュース)

 同当局者はこれまで4回の会合が開かれた官民協議会では参加者が制限されていたと指摘。今後の意見聴取の対象に日本企業も含まれるかどうかに関しては、「官民協議会の主要目的は国内の被害当事者だけでなく、法律家や支援団体など主に国内の意見をまとめる過程だった」として、「(今後は)国内の各界の意見をより幅広くまとめることに重点を置く」と述べ、参加者を拡大して意見聴取したとしても対日交渉とは別に国内の意見聴取が主な目的との認識を示した。

 同当局者は「提起される可能性があるさまざまな案が官民協議会で提起された」として、「その過程で出たさまざまなアイデアを基に、より多くの方々が国民的に受け入れられる合理的な代案を探るための努力(をする)」と述べた。

 賠償判決の履行主体や財源づくり、日本の謝罪など主な争点については官民協議会である程度意見がまとめられた。協議会は政府や学界、法曹界、メディアなどの専門家が参加し非公開で開いたが、今後は開かれた形で意見を聞く方針だ。

 韓国政府は今月末か来月初めにはこうした場を設ける方針で、具体的な形などを検討しているようだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。