Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTSジョングク参加のコラボ曲 ビルボード順位上昇し11週連続ランクイン

芸能・スポーツ 2022.09.14 11:10

【ソウル聯合ニュース】米ビルボードが13日(現地時間)に発表した最新チャートによると、韓国の人気グループ、BTSのJUNG KOOK(ジョングク)が米シンガーソングライターのチャーリー・プースとコラボレーションした曲「Left and Right」がメインシングルチャート「ホット100」で37位を記録し、11週連続でランクインした。順位は前週より10ランク上昇した。

JUNG KOOKとチャーリー・プースは6月にコラボ曲「Left and Right」をリリースした(ワーナーミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「Left and Right」はJUNG KOOKとチャーリー・プースの声が調和した爽やかな曲で、この夏の世界音楽市場で人気を得た。

 一方、JUNG KOOKをはじめJIN(ジン)、JIMIN(ジミン)、V(ブイ)のメンバー4人と米国のプロデューサー兼シンガーソングライターのベニー・ブランコ、ラッパーのスヌープ・ドッグがコラボした曲「Bad Decisions」は「ホット100」で90位となり、5週連続ランクインした。

 BTSが6月に発売したアルバム「Proof」はメインアルバムチャート「ビルボード200」で91位に入り、13週連続ランクインを果たした。

 ビルボードのグローバルチャート「ビルボード・グローバル200」ではBTSのヒット曲「Dynamite」が119位、英ロックバンド、コールドプレイとのコラボレーション曲「My Universe」が165位、「Butter」が195位。「ビルボード・グローバル・エクスクルーディングUS」では「Dynamite」が89位、「My Universe」が102位、「Butter」が134位だった。

 BTSのリーダー、RM(アールエム)がフィーチャリング参加した韓国グループ、Balming Tiger(バーミングタイガー)の「SEXY NUKIM」は「ワールドデジタルソングセールス」で2週連続1位を獲得した。BTSのメンバー、SUGA(シュガ)がフィーチャリングとプロデュースで参加した歌手PSY(サイ)の曲「That That」は同チャートで14位を記録した。

BTS(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。