Go to Contents Go to Navigation

韓国ウォン安 対ドルで1400ウォンに迫る=当局が口先介入

記事一覧 2022.09.15 14:21

【ソウル聯合ニュース】15日のソウル外国為替市場で、韓国通貨ウォンは下落して1ドル=1400ウォンに迫り、外為当局が口先介入に乗り出した。

ハナ銀行本店のディーリングルームに取引時間中の為替レートなどが表示されている=15日、ソウル(聯合ニュース)

 外為当局の関係者はこの日、「近ごろ対外的要因でウォンの変動性が拡大する中、市場での偏りの可能性などに対し警戒感を持って綿密にモニタリングしている」と説明した。

 ウォンの対ドル相場は前日比0.1ウォン安の1ドル=1391.0ウォンで取引を開始した後、1395ウォン台で推移し、一時は1397.9ウォンまでウォン安が進んだ。

 だが、当局の口先介入以降ウォン高に振れ、午後1時18分の時点では1ドル=1393ウォン台となっている。 

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。