Go to Contents Go to Navigation

[韓流]「イカゲーム」でエミー賞受賞のファン監督 「良い締めくくり」

芸能・スポーツ 2022.09.15 20:14

【仁川聯合ニュース】米動画配信大手ネットフリックスの韓国ドラマ「イカゲーム」を手掛け、米テレビ界最高峰の栄誉とされるエミー賞の監督賞を受賞したファン・ドンヒョク監督は15日、「イカゲーム」のシーズン2について、「シーズン1のように愛されればうれしく、機会があればゴールデングローブ賞、エミー賞、全米映画俳優組合(SAG)賞などにもう一度挑戦したい」と述べた。

仁川国際空港に到着後、トロフィーを手に笑顔をみせるファン監督=15日、仁川(聯合ニュース)

 ファン監督と同ドラマの出演者の一部は12日(日本時間13日)にロサンゼルスで開催されたエミー賞の授賞式に出席。この日午後に帰国した。

 ファン監督が搭乗した便には助演男優賞にノミネートされたパク・ヘス、助演女優賞にノミネートされたチョン・ホヨンも乗っていた。

 到着ロビーに姿を見せたファン監督の表情は、過密スケジュールをこなした後とは思えないほど明るかった。

 ファン監督は「エミー賞がシーズン1の最後の賞レースで、(ノミネートされた部門)全てが受賞とはならなかったものの、意味のある賞で素敵な締めくくりとなり幸いだ。応援してくださった全ての方々に感謝する」とあいさつした。

 また、「受賞コメントで母に感謝の言葉を伝えることができず残念だった」とし、「受賞後、母と電話で話したが、泣いて(喜んで)いた。それが一番記憶に残る祝いのあいさつになった」と話した。

 16日に開かれる記者会見には、ファン監督や出演者のほか、美術監督やアクション監督など制作スタッフも参加し、受賞の感想などを伝える予定だ。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。