Go to Contents Go to Navigation

台風14号で2人けが 約7千世帯が停電=韓国

記事一覧 2022.09.19 19:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央災難(災害)安全対策本部は19日、台風14号による被害の状況について、2人のけがが確認されたと発表した。

台風14号の影響で蔚山市内の建物の外壁が落ち、安全対策を取る消防隊員ら(蔚山北部消防署提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 慶尚北道、釜山市、蔚山市、慶尚南道で計854人が避難し、19日午後6時時点で719人がまだ帰宅できずにいる。

 施設への大きな被害は報告されておらず、農作物については慶尚北道で337ヘクタール、慶尚南道で92.1ヘクタールの被害があった。

 浦項などでは7065世帯が停電したが、95.8%が復旧した。

 旅客船は78航路で104隻の運航が中止となり、航空便は7便欠航した。列車41本の運行に影響が出た。

 全国に発令された台風に関する警報などは全て解除された。中央災難安全対策本部の非常勤務体制も解除され、風水害危機警報は「警戒」から「関心」に引き下げられた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。