Go to Contents Go to Navigation

8月の映画産業売上高 コロナ前の7割水準=韓国

芸能・スポーツ 2022.09.20 14:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の映画振興委員会が20日発表した統計によると、国内映画産業の8月の売上高は1523億ウォン(約160億円)で、新型コロナウイルス流行前の2019年同月の72.9%にとどまった。観客数は1495万人で、19年同月に比べ39.7%減少した。

ソウル市内の映画館(資料写真)=(聯合ニュース)

 8月の売上高は前月に比べ10.7%、観客数は同8.2%、それぞれ減少した。映画産業にとって最大の書き入れ時となる8月の売上高と観客数が7月を下回ったのは04年の統計開始以来で初めて。

 12年から新型コロナ流行前の19年までは7~8月の公開作の中から観客1000万人、500万人を超える作品が現れ、映画館の売り上げをけん引したが、今夏は最大のヒット作となった韓国映画「閑山:龍の出現」(原題、7月27日公開)さえも1000万人を突破できなかった。

 同作は8月の映画産業売上高の31.9%に当たる486億ウォンを稼ぎ出した。累計観客数は725万人。

 また、俳優イ・ジョンジェの映画監督デビュー作「HUNT(ハント)」(原題)は8月の売上高が400億ウォンとなり2位につけた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。