Go to Contents Go to Navigation

前国連報告者に感謝の盾 北朝鮮人権問題への関心喚起を評価=韓国外相 

記事一覧 2022.09.21 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は21日、国連総会に合わせて米ニューヨークを訪問中の朴振(パク・ジン)同部長官が国連のキンタナ前特別報告者に感謝の盾を贈ったと発表した。

キンタナ氏=(聯合ニュース)

 朴氏は、キンタナ氏が在任中に北朝鮮人権問題に対する国際社会の関心を喚起し、積極的に任務を遂行した点を評価した。

 キンタナ氏は2016年8月から22年7月までの6年間、北朝鮮の人権問題を担当する3代目の特別報告者として活動した。8月からは後任のサルモン氏が任務を引き継いだ。

 外交部は「韓国政府は今後も新任の特別報告者と緊密に協力し、北の人権改善のために国際社会との協力を強化する予定だ」と伝えた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。