Go to Contents Go to Navigation

韓国副首相 米国との通貨スワップ「あれば役立つ」

記事一覧 2022.09.21 21:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官は21日に開かれた国会本会議で、韓米通貨交換(スワップ)協定締結の必要性を巡り、協定があれば外貨準備を健全に管理するうえで役立つのは明白としながらも、「軽率に言及するのは適切ではない」と慎重な態度を示した。与党議員による経済分野の対政府質疑でこのように答弁した。

答弁する秋氏=21日、ソウル(聯合ニュース)

 米ニューヨークで開催中の国連総会に合わせ開かれる韓米首脳会談で、韓米通貨交換協定を締結する可能性については、「今、それに言及すること自体が市場にさまざまな影響を及ぼしかねないため、特に首脳会談に関連した議題については、この場で発言できる立場ではないことを理解してほしい」と述べた。

 また、急激な金利上昇や、ウォン安など複数の不確実な要因が増えており緊張を緩めることができないとし、「リスク要因について検討し、中央銀行、金融当局、企画財政部が随時集まって対応策も検討しており、万が一にも市場を不安定にする要因が生じた場合に必要な措置をする準備をしている」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。