Go to Contents Go to Navigation

釜山無料公演で損失? BTS事務所が費用論争の火消し図る

記事一覧 2022.09.22 13:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気男性グループ、BTS(防弾少年団)が南部の釜山で来月15日に行う2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致を願う無料コンサートの開催費用を巡り論争が起きていることを受け、所属事務所のHYBE(ハイブ)が22日、「BTSは国家と社会に寄与したいという意思で(国の行事に)参加してきた。費用問題を優先に考えなかった」とするコメントを発表して火消しを図った。

今年7月、万博誘致に向けた広報大使に就任したBTS(資料写真)=(聯合ニュース)

 釜山アジアド主競技場を会場とする同公演は、「ワールドスター」のBTSにふさわしいステージの設置などに総額70億ウォン(約7億2000万円)以上がかかると見込まれ、無料公演を開くBTS側が多額の損失を被るとの懸念が広がっていた。HYBEはこの費用を企業からの協賛金やストリーミング配信時の広告、付帯イベントなどで賄う計画にしている。

 HYBEは、BTSは同公演の出演料を受け取らないとし、これは多くのファンの前で無料公演を開きたいというBTSの以前からの希望を実現する意味があると説明した。

 また、「行事の費用を政府の財源で十分に賄うことは難しいとよく理解している。政府からの支援は国民の税金が源泉となるため、政府支援には常に慎重にアプローチしてきた」と強調した。

 政府や釜山市、誘致委員会は限られた予算内で同公演の支援に最善を尽くしていると評価したうえで、「万博誘致に努力する政府、自治体、企業の資源が釜山でのコンサートに大規模に投入されることは望ましくないと考えている」と伝えた。

 HYBEは、30年万博が釜山で開催されることになれば数十兆ウォンの経済効果がもたらされると見込み、「コンサートを通じて釜山を世界が注目する場にしたい」と意気込んだ。同公演には6万人余りのファンが集まり、配信などによって世界で1000万人以上が釜山を見て、感じることになると期待を示した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。