Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BLACKPINKアルバムがビルボード1位 K―POP女性グループ初

記事一覧 2022.09.26 09:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)が16日にリリースしたセカンドフルアルバム「BORN PINK」が米ビルボードの最新のメインアルバムチャート「ビルボード200」で1位を獲得した。

BLACKPINK(YGエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ビルボードが25日(現地時間)に公開した予告記事によると、「BORN PINK」は10万2000枚相当のアルバムセールスを記録した。米R&Bグループ、ダニティ・ケインの「Welcome to the Dollhouse」以来、14年ぶりにビルボード200で1位を獲得した女性グループのアルバムとなった。

 同チャートで1位を記録したK―POPアーティストはBTS(防弾少年団)、プロジェクトグループ「SuperM(スーパーエム)」、Stray Kids(ストレイキッズ)に次いでBLACKPINKが4組目となる。K―POP女性グループでは初の1位。

 ビルボードは、K―POPのアルバムのうち今年ビルボード200で1位を獲得したBTSの「Proof」、Stray Kidsの「ODDINARY」は曲の大部分が韓国語だが、「BORN PINK」は大部分が英語だと紹介した。

 ビルボード200は、週ごとに従来の形態で販売されたアルバム数(トラディショナル・アルバム・セールス)、ストリーミング再生数をアルバム数に換算したストリーミング・イクイバレント・アルバム(SEA)、収録曲ごとのダウンロード数をアルバム数に換算したトラック・イクイバレント・アルバム(TEA)を合算して順位を決める。

 「BORN PINK」はトラディショナル・アルバム・セールスが7万5500枚、SEAが2万5000枚、TEAが1500枚と集計された。

 一方、「BORN PINK」と同じ日に発売されたNCT 127の4枚目のフルアルバム「疾走(2 Baddies)」はビルボード200で3位にランクインした。

 同アルバムはトラディショナル・アルバム・セールスが5万5500枚、SEAが3000枚で、5万8500枚相当のセールスを記録した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。