Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のSLBM動向を監視 追加挑発も踏まえ注視=韓国軍

政治 2022.09.26 14:21

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部のキム・ジュンラク広報室長は26日の定例会見で、北朝鮮東部の咸鏡南道・新浦でSLBM発射の準備とみられる動向がとらえられたことについて、「軍は当該地域を含む関連施設や活動を綿密に追跡・監視するなど徹底した対応を維持している」として、「追加挑発の関連動向も注視しながら確固たる対応態勢を維持している」と述べた。

ソウル駅の待合室のテレビに北朝鮮によるミサイル発射のニュースが流れている=25日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国と米国の当局は北朝鮮が前日に発射した短距離弾道ミサイルの詳細について分析を進めている。

 キム氏は北朝鮮メディアがミサイル発射について報道していない意図について、「北は金正恩(キム・ジョンウン)が指示した国防力強化の一環である武器の研究開発や発射実験を続けると分析している」として、「意図に関してもさらなる分析が必要だ」と答えた。

 北朝鮮のミサイル発射直後の発表で韓国と日本の間に違いがあることに関しては、「わが軍が発表する内容は韓米のさまざまな情報を総合的に分析したもの」とし、「当該国(日本)が初期に情報をどのような形で探知し分析するかに言及することは適切ではない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。