Go to Contents Go to Navigation

統一部職員の懲戒処分5年で22人 性犯罪や窃盗など=韓国

政治 2022.09.27 17:14

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部が国会外交統一委員会所属の野党議員に提出した資料によると、2017年8月から今年9月までの5年間に懲戒処分を受けた統一部の職員は22人だった。処分の理由は収賄、性犯罪、横領、暴行、窃盗、電子金融取引法違反などだった。

統一部のロゴ=(聯合ニュース)

 公務員の懲戒には罷免、解任、降格、停職などの重い処分と減給、戒告などの軽い処分がある。

 統一部では収賄や個人情報流出、飲酒運転などにより19年に1人が最も重い罷免処分を受けたほか、今年7月に1人がセクハラで解任処分を受けた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。