Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 北朝鮮非核化へ関心と支持訴え=IAEA総会

政治 2022.09.28 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が国際原子力機関(IAEA)総会で、北朝鮮の核開発阻止と非核化に向けた政府の努力を引き続き支持するよう加盟国に訴えた。

IAEA総会で演説する呉泰錫第1次官(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 科学技術情報通信部によると、同部の呉泰錫(オ・テソク)第1次官は27日(現地時間)、オーストリア・ウィーンで開催中の総会で韓国代表として演説し、「北の核開発は国際的な不拡散体制への重大な挑戦であり、多くの国連安全保障理事会決議に明白に違反するものだ」と指摘した。そのうえで、「北の非核化と朝鮮半島の持続可能な平和を目指すわれわれの努力に変わらぬ関心と支持を寄せてほしい」と求めた。

 韓国政府は、北朝鮮が核開発を中断して実質的な非核化に転じるならその段階に応じて北朝鮮の経済と暮らしの向上を支援するという「大胆な構想」を提案したとも紹介した。

 原子力発電政策に関しては「新ハヌル原発3、4号機の建設を再開し、安全性の確保を前提に原発の運転継続に取り組む」との方針を改めて示した。

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権はカーボンニュートラル(温暖化ガスの排出実質ゼロ)に寄与する原発の活用度を引き上げ、エネルギーミックスにおける原発の比率を拡大するという政策を策定し、積極的に推進していると伝えた。

 一方、東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出計画に関し、呉氏は「日本は汚染水を科学的、客観的な観点から安全かつ国際法と国際基準に合致するやり方で処分すべきだ」と指摘。「(IAEAが)今後も汚染水処分の全プロセスにわたり独立的、客観的な見地から積極的な役割を果たすよう期待する」と述べた。

 また、「韓国は日本に最も近い国として、汚染水の放射能分析などIAEAの検証プロセスに引き続き積極的に加わっていく」と表明した。

 呉氏はIAEAのグロッシ事務局長との会談でも、IAEAが福島第1原発の汚染水放出に関して計画している検証活動に韓国が継続的に参加することが重要だとの立場を伝えた。グロッシ氏は韓国の立場に全面的に同意すると応じたという。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。