Go to Contents Go to Navigation

韓米日の対潜水艦戦訓練 野党議員のSNS投稿に韓国国防部「遺憾」

政治 2022.09.29 13:27

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は29日、韓米日の対潜水艦戦訓練を「北の核・ミサイル脅威に対応するための防御的な性格の訓練で、過去にも3カ国で実施したことがある」としながら、訓練実施を発表する前に関連情報が野党議員の交流サイト(SNS)で明かされたことに遺憾の意を示した。

東海で開催中の韓米海軍による合同海上演習(韓国海軍提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国防部は「今回の訓練は、北の核・ミサイル対応に向けた韓米日の軍事協力を2017年以前の水準に戻すという国防部の措置の一環で、特に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射能力を備えた北の潜水艦を探索、識別、追跡する能力の向上を図るもの」と説明した。訓練を実施する海域は、北朝鮮のSLBMの性能と潜水艦の活動予想海域を考慮し、朝鮮半島東側の東海の公海を選定したという。

 国防部は「対潜水艦戦訓練は相当な水準のセキュリティーが必要な訓練であることから、事前にメディアの協力を求め発表時期を調整したが、一部の内容が28日に個人のSNSを通じて公開された点は非常に遺憾」と言及した。韓米日は緊密な連携を通じて必要なセキュリティー措置をさらに講じ、訓練を実施すると説明した。

 国会国防委員会所属の安圭伯(アン・ギュベク)議員(最大野党「共に民主党」)は前日に自身のフェイスブックに、韓米日が30日に東海で合同訓練を実施すると投稿。「独島からわずか150キロほどのところ」で行うと言及した。

 韓米日は2017年4月、韓国南部・済州島の南、日本との中間にあたる公海で対潜水艦戦訓練を実施している。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。