Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTSジョングクのコラボ曲 ビルボード43位に上昇

記事一覧 2022.10.05 09:23

【ソウル聯合ニュース】米ビルボードが4日(現地時間)に発表した最新チャートによると、韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)のJUNG KOOK(ジョングク)が米シンガーソングライターのチャーリー・プースとコラボレーションした曲「Left and Right」がメインシングルチャート「ホット100」で43位と、前週から1ランクアップした。6月のリリース後、14週連続でランクインしている。

JUNG KOOKとチャーリー・プースは6月にコラボ曲「Left and Right」をリリースした(ワーナーミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
BTS(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 BTSが6月に発表したアルバム「Proof」はメインアルバムチャート「ビルボード200」で74位だった。前週より順位を六つ上げ、16週連続ランクインを果たした。

 同アルバムのタイトル曲「Yet To Come」はビルボードの「ワールドデジタルソングセールス」で2位、「デジタルソングセールス」で15位となった。

 メンバーのJ-HOPE(ジェイホープ)と韓国のシンガーソングライター、Crush(クラッシュ)のコラボ曲「Rush Hour」はワールドデジタルソングセールスで1位を獲得し、デジタルソングセールスでも5位に入った。

 BTSリーダーのRM(アールエム)がフィーチャリング参加した、韓国グループのBalming Tiger(バーミングタイガー)の「SEXY NUKIM」はワールドデジタルソングセールスで15位と、再びランクインした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。