Go to Contents Go to Navigation

9月の輸入車販売17.3%増 日本車シェア7.5%=韓国

経済 2022.10.06 13:51

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会は6日、9月の輸入乗用車(テスラ除く)の新規登録台数は2万3928台で前年同月比17.3%増加したと発表した。前月比でも0.3%増えた。車載半導体不足の緩和で販売が増えた。

韓国輸入自動車協会の統計によると、9月の輸入乗用車の新規登録台数は前年同月比17.3%増加した(同協会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 9月の輸入車登録をブランド別にみると、BMWが7405台で4カ月連続トップとなった。次いでメルセデス・ベンツが5481台、アウディが1812台、フォルクスワーゲン(VW)が1470台、シボレーが1162台、ジープが1025台など。日本車ではレクサスが860台、トヨタが682台だった。

 欧州車が1万9130台で、79.9%のシェアを占めた。米国車は2993台(12.5%)、日本車は1805台(7.5%)。 

 ベストセラーモデルはBMW「5シリーズ」で1865台だった。

 燃料別ではガソリン車が1万1538台で最も多く、ハイブリッド車(HV)が5311台と続いた。電気自動車(EV)は4024台で、前年同月の約12倍に急増した。ディーゼル車は2214台。

 1~9月累計の輸入乗用車の新規登録台数は20万210台で、前年同期比6.7%減少した。

 自動車市場調査会社のカーイズユーデータ研究所の統計によると、テスラの9月の新規登録台数は3133台だった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。